3月, 2014

静かに見る観戦スタイルの良さ

最近は、全国各地にスタジアムや球状が作られているため、さまざまなスポーツの試合を観戦することが容易になっています。特定のチームを応援しているという人も、スポーツそのものが好きだという人も、自由にスタジアムなどに足を運ぶようになっています。スポーツを観戦する時は、いろいろな観戦スタイルがあるので、状況に合わせて観戦スタイルを変えていくことが大切です。

スポーツというのは、試合が白熱していくにつれて、応援している観客も盛り上がっていくものです。しかし、ただ盛り上がって騒ぎ立てるというのは、望ましいことではありません。スポーツの試合は、盛り上がる場面と、落ち着いている場面とが繰り返されているものです。どのような状況なのかを見極めながら、静かに見る場面では、あまり声を立てず、静かに観戦するのが適しています。

静かに試合を見るという観戦スタイルは、ライブ観戦をする人々の間で、次第に広がりつつあるものです。

■Bookmark site

最近知った美容の豆知識をまとめてみる

一体感がたまらないスポーツ観戦

野球にサッカー、バスケットボールなど、
様々なスポーツがあります。
特に団体競技、プロスポーツの観戦は、
ファンやサポーターが熱い声援をおくっていますね。

各スポーツでその観戦の仕方は違いますが、
そのスポーツ観戦で、一番盛り上がるのは選手、チームを
応援する時の一体感ではないでしょうか。

プロ野球の観戦ではその選手にあった応援歌があり、
打席に入るときにその声援が選手を奮い立たせ、
得点が入るとスタンドが一斉に盛り上がりますね。

サッカーのJリーグにもチームごとの応援歌(チャントと呼ばれてます)
があり、スタンドを埋め尽くしたチームカラーのユニホームで
声を枯らし熱狂しています。
贔屓のチームが得点すると、観戦中の前後左右のサポーターと
ハイタッチして喜びを表します。
また、普段は敵として戦っているサポータも
日本代表となると、その応援は一体感を生み、
日本コールで選手達に熱い声援を送っています。

プロバスケットボールのBJリーグでは、
サポーターのことはブースターと呼ばれ、
試合中にスティックバルーンをリズムよく叩き
選手達に熱い声援を送っています。

競技によって応援の仕方は変わりますが、
一生懸命にプレーする選手達を自分たちの声援で
勝った時の選手とファンとの一体感も
スポーツ観戦の魅力の一つですね。

■Bookmark site

大学受験・予備校・塾・家庭教師のニュース一覧

Powered by Wordpress, Redesign Theme by Tioreo